認知療法でストレス対処

認知療法とは

ストレス認知療法

認知療法は患者の誤ったものの見方を改めることによってこころの病気を治療する精神療法のことです。

たとえば、うつ病等の心の病気では、外界からの刺激をつい悲観的あるいは消極的に受け止めてしまい、心の中に不安やストレスが過度に湧き上がって、抑うつ状態を引き起こしてしまいます。

もしくは、街で人がこちらをちらりと見た場合など、相手が自分に好意を抱いて振り向いたのだと思えば、気持ちが明るくなりますし、相手が自分に嫌な感じを抱いて振り向いたと思えば、反対に気持ちは憂うつになります。

アメリカの精神学者ベックは人間の感情を精神病の原因説とするそれまでの考え方に対し、ものごとに対する誤った見方(認知)が心の病気を引き起こすのだという画期的な学説を提唱しました。

そして、こうした考え方から、ものごとに対する患者の認知の仕方を改めることによって、心の病気を引き起こす不安やストレスを減少させようというのが認知療法という治療法です。

心の"くせ"を知る

「認知療法」では、自分の「心のくせ」、認知の歪みのパターンを知り、それを修正していくトレーニングを行うことによって、ものの見方を柔軟にしていくことを目標とします。ですからこれから下記に挙げる代表的な「心のくせのパターン」を列記します。
まずは、これを理解して認識する事が認知治療の一歩となります。

ただし、自分だけで解決出来そうにない時、誰かを頼りたくなった心理状況の時は、すぐに頼ってください。

それでは、心の"くせ"について確認していきましょう。
自分と向き合って、ゆっくりと考えてください。
ストレス認知療法

  1. 全か無か思考(all-or-nothing thinking)
    ほとんどの問題は, 白か黒かのどちらかに決めることはできず、事実はそれらの中間にあるものですが、物事を見るときに、「白か黒か」という両極端の見方をしてしまうことを「全か無か思考」といいます。

    <例>
    自分のやった仕事に少しの欠点が見つかって、「完全な失敗だ」と思う。
    いつもAをとっている学生がたまたまBをとって,「もう完全にだめだ」と考える。

    このような考え方をすると、「完全に○○である」ということは実際にはありえないのに、いきすぎた自分の要求に自らをあわせようとしていることになります。これは無理なことなので、失敗して自信を失うことになります。

    日本でも古くから「中庸」ということばが尊ばれてきましたが、「白か黒か」という両極端の見方をせずに、柔軟にものを見ることが大切です。普段は柔軟な見方ができている人でも、ストレスがかかった状況が長く続くと、往々にしてこのような硬直した考え方に陥りがちになります。
    そしてこのことにより、一層ストレスがかかったり、気分が暗くなったりして、悪循環になりかねません。「いつも〜である」、「完全に〜である」、「決して〜でない」といった考え方を頻繁にしてないか、一度、自分の思考パターンをふりかえってみてください。

  2. 一般化のしすぎ
    1つの良くない出来事があると,「いつも決まってこうだ」、「うまくいったためしがない」などと考えること。

    <例>
    ある若い男性が、好意を寄せている女性に一度デートを申しこんで断られただけなのに、「いつもこうだ。自分は決して女性とつきあうことなんかできない」と考える。

    このような考え方をすると、いやなことが繰り返し起こっているように感じてしまうので、憂うつになってしまいます。

  3. 心のフィルター
    1つの良くないことにこだわってくよくよ考え、他のことはすべて無視してしまうこと。ちょうど1滴のインクがコップ全体の水を黒くしてしまうように。「心のサングラス」ともいう。

    <例>
    会社である企画を提案し、一般の評価はたいへんよいのに、ある人から受けた些細な批評が頭から離れず悩む。

    このような思考パターンに陥ると、なにごともネガティブにみてしまうので、気分は、当然暗くなります。

  4. マイナス化思考(disqualifying the positive)
    単によいことを無視するだけでなく、なんでもないことやよい出来事を悪い出来事にすり替えてしまうこと。

    <例 >
    自分は能力がないと考えている人が、仕事がうまくいっても「これはまぐれだ」と考える(このような考え方をする人は、仕事がうまくいかないときは、「やっぱり、自分はダメなんだ」と考える)。

    「心のフィルター」は、ある出来事の肯定的な側面を無視することをいいますが、「マイナス化思考」は肯定的な側面の価値を引き下げることになり、いっそう悪い認知の歪みのパターンということができます。

  5. 結論の飛躍
    根拠もないのに悲観的な結論を出してしまう

    <例>心の読みすぎ:ある人が自分に悪く反応したと早合点してしまうこと
    会社の上司に仕事の経過を報告したが、上司はあまり関心をはらってくれない、むしろそっけない態度のように思え、「この頃、自分は上司に嫌われている」と考えた。(上司は、例えば、より急ぐべき案件に心を奪われていただけかもしれない。)

    <例>先読みの誤り:事態は確実に悪くなると決めつけること
    「この病気は決してなおらない」と考える。(うつ病になるとこのような考え方に陥ることがよくあります。)

    ストレス認知療法

  6. 誇大視と過小評価
    自分の短所や失敗を過大に考え,逆に長所や成功したことを過小評価する。「双眼鏡のトリック」とも言う。

    <例>
    些細なミスをおかして、「なんてことだ。これですべて台無しだ」と考える。

    この例では、失敗の意味を過大に考えているので「誇大視」といえる。些細な失敗を犯したことで今までのことが100%の失敗になると考えているとすれば、「全か無か思考」ともいえる。このように「認知の歪み」のパターンは互いに重なりあっている場合も多く、いつもどれか一つの分類だけにあてはまるわけではない。

  7. 感情的決めつけ
    自分の感情が現実をリアルに反映して、事実を証明する証拠であるかのように考えてしまうこと。

    <例>
    「不安を感じている。だから失敗するに違いない。」

     感情的決めつけは、ネガティブな思考、感情が前面に出てきていて、ポジティブな思考、感情が後退しているような場面で生じやすい「認知の歪み」のパターンであることを考えれば、「心のフィルター」と密接な関係を持つことが分かります。

  8. すべき思考
    何かやろうとする時に「〜すべき]「〜すべきでない」と考える。

    <例>
    「あの時、父親は怒るべきではなかった。」 「第二次世界大戦はおこってはならなかった。」(→第二次世界大戦はおこるべきではなかった。物事の好き嫌いは別として、おこったことは現実として受け入れることが大切です。)

     何かをやろうとするときに、常に「〜すべき」「〜すべきでない」と考えると、その基準に合わせようとして自分自身を追い詰めることになります。できなかった場合は、あたかも自分が罰せられたように感じて、自己嫌悪に陥ったり、暗い気分になりやすいのです。「すべき思考」を他人に向けると、他人の価値基準とは往々にして合いませんから、イライラや怒りを感じることになります。

  9. レッテル貼り
    ミスを犯した時に,「自分は敗北者だ」、「とんまもの!」などと自分にネガティブなレッテルを貼ってしまうこと。  レッテル貼りは、「一般化のしすぎ]が極端な形で現れたものです。レッテル貼りをすると、感情に巻き込まれて冷静な判断ができなくなります。

  10. 自己関連づけ
    何か良くないことが起こった時、自分に責任がないような場合でも自分のせいにしてしまうこと。

    <例>
    断酒できない夫を前にして、「自分はダメな妻だ。夫が酒をやめることができないのは自分の責任だ」と考える。

     他人に100%の影響を及ぼすことは不可能です。よくないことがおこった場合、それを自分の責任と考えるよりは、どうすれば問題を解決できるのかを考えるほうが健全で大切なことなのです。「自己関連づけ」の思考パターンを繰り返すと、罪の意識を感じることになり、その結果自己評価が低下してしまいます。

ストレス解消塾HOME |  LOH症候群 |  ストレスによる血尿 |  ストレスによる胃炎 |  ストレスによる顔面神経痛 |  睡眠障害/ストレスによる不眠 |  ストレスによる過食 |  ストレスによる拒食 |  はげ/ストレス性円形脱毛症 |  下痢/ストレス性過敏性大腸症候群 |  ストレスによるアレルギー |  ストレスによる突発性難聴 |  ストレスによる自律神経失調症 |  ストレスによる冬季うつ病 |  肌荒れ/ストレスによるにきび |  しわ、乾燥肌 |  仕事に対するストレス |  職場の人間関係のストレス |  恋愛依存症/セックス依存症 |  妊娠中毒症 |  妊娠中の便秘 |  育児ノイローゼ/子供ストレス |  夫婦・家庭のストレス |  生理のストレス |  老後資金に対するストレス |  犬のストレス病気  |  ストレス認知療法 |  快適な睡眠 |  アロマ加湿器 |  音楽療法 α波を体感 |  リフレクソロジー |  ウォーキングでストレス解消 |  サイクリングでストレス解消 |  ガーデニングでストレス解消 |  森林浴でマイナスイオンを浴びる |  ゴルフのすすめ |  陶芸のすすめ |  ヨガのすすめ |  囲碁のすすめ |  カルチャー教室への参加 |  自治体行事への参加 | 

プロフィール |  ストレス情報提供型リンク集 1  |  リフレッシュ情報提供型リンク集  1  |  生活に役立つリンク集  1  |  コスメランキング