ストレスと難聴 突発性難聴

働き盛りのストレスが耳に直撃 !!

「難聴」というと年寄りがなるものでは?と思う人も多いのではないだろうか?

確かにそのとおりで、加齢と供に難聴の発生率は上がるのですが、最近は20代、30代の働き盛り世代にも多く見られるトラブルなのです。

その若年性の難聴の原因は、「ストレスや過労」が引き金になって突発性難聴を発病する人が非常に多いのです。

内耳に通っている血管は1本であり、この血管がストレスで急激に収縮して内耳に血液が通わなくなって、感覚神経が麻痺したり、死んだりして難聴となるのです。

 睡眠不足、疲労、(身内の不幸・病気などの)心配事などのストレスを多く抱えている人に発症する傾向があるようです。

ストレスによる突発性難聴の症状

ストレスによる難聴

大抵の場合、片耳だけが難聴になるケースが多く、もう一方の耳で聞いているので意外と自分が難聴になっている事に気づかない人も多いのですが、以下のような症状を感じたら難聴を疑ったほうが良いのです。

  1. 急に耳が塞がったようになる(水が入った感じ、膜はった感じ)

  2. 自分の声が耳に響く

  3. 大きな音や、音楽が頭に響いたり、キンキンかん高く聞こえる

  4. とにかく、きこえが悪い


ストレスによる突発性難聴の対処法

早めが鉄則です。発症してから1週間以内の受診が望ましく、遅くとも2週間以内に受診すると、治療効果が見られることが多いです。
病気の治癒率が1日単位で低下していく、というやっかいな病気で、1カ月過ぎてしまうと改善の見込みはかなり少なくなるので、違和感を感じたらすぐに治療すべし。

また、さらに放っておくと、気づいたときにはもう聴力が完全になくなってしまったり、めまいを伴った難聴のタイプの場合にも治療効果はかなり低くなるので、とにかく急ぐ事です。


ストレス解消塾HOME |  LOH症候群 |  ストレスによる血尿 |  ストレスによる胃炎 |  ストレスによる顔面神経痛 |  睡眠障害/ストレスによる不眠 |  ストレスによる過食 |  ストレスによる拒食 |  はげ/ストレス性円形脱毛症 |  下痢/ストレス性過敏性大腸症候群 |  ストレスによるアレルギー |  ストレスによる突発性難聴 |  ストレスによる自律神経失調症 |  ストレスによる冬季うつ病 |  肌荒れ/ストレスによるにきび |  しわ、乾燥肌 |  仕事に対するストレス |  職場の人間関係のストレス |  恋愛依存症/セックス依存症 |  妊娠中毒症 |  妊娠中の便秘 |  育児ノイローゼ/子供ストレス |  夫婦・家庭のストレス |  生理のストレス |  老後資金に対するストレス |  犬のストレス病気  |  ストレス認知療法 |  快適な睡眠 |  アロマ加湿器 |  音楽療法 α波を体感 |  リフレクソロジー |  ウォーキングでストレス解消 |  サイクリングでストレス解消 |  ガーデニングでストレス解消 |  森林浴でマイナスイオンを浴びる |  ゴルフのすすめ |  陶芸のすすめ |  ヨガのすすめ |  囲碁のすすめ |  カルチャー教室への参加 |  自治体行事への参加 | 

プロフィール |  ストレス情報提供型リンク集 1  |  リフレッシュ情報提供型リンク集  1  |  生活に役立つリンク集  1  |