ストレスと突発性下痢 過敏性胃腸炎

過敏性大腸症候群とは?

ストレスによる突発的な下痢の症状や、ストレスによる便秘は、過敏性大腸症候群といわれるのである。


通勤、仕事、出張などで、不安や精神的ストレスが加わると自律神経を介してストレスが胃や腸に伝達され、腸管の運動異常が誘発され、腹痛や便通異常となり、突発性の下痢となるメカニズムなのです。

突発性下痢は突然やってくるので、少し性質が悪いのです。

過敏性大腸症候群の症状は

レントゲンや内視鏡による異常は見つからないが、大腸は正常に機能しない状態なのです。
そうなると判断基準が難しいのだが、ストレスによる下痢・便秘の症状は以下の3つのパターンに分類される。

ストレスの下痢

  1. ストレスによる下痢型

    痛を伴う1日3回以上の下痢が続き、血便はみられません。また下痢による体重の減少も見られません。大腸の動きが活発で、ぜん動運動が過度におこるために下痢になるようです。食事をとると大腸のぜん動運動がおこり、食事毎に下痢を発生します。

  2. ストレスによる便秘型

    腹痛を伴う便秘が続き、ウサギの糞のようなコロコロとした固まった便が出ます。腸のぜん動運動が低下しているのと、S状結腸で異常な収縮運動が起るため、便がその場所にとどまり、固くなって便秘になると考えられている。

  3. ストレスによる下痢便秘交替型

    腹痛を伴う下痢の症状が数日続くと、次に腹痛を伴う便秘の症状が出るといった、下痢と便秘が交互に繰り返されます。この他、ガスがたまる、吐き気、嘔吐、疲労感、頭痛、発汗、動悸などの症状がみられる。

    やずや ケフィア

ストレスの悪循環を断ち切るのが治療法

過敏性大腸症候群の治療は、なんといってもストレスの悪循環を断ち切るのが一番。 ストレスの分析を行い、ストレスを減らす為の生活改善に取り組むことです。
また、便秘型の人は水分と食物繊維を多く摂る事を心がけ、下痢型の人は酒や香辛料を控えるなどの食事療法を取り入れると良いでしょう。
さらに、症状が重い人は薬剤/サプリメントを効果的に利用する事を進めますが、独自の判断でなく専門医などの客観的な判断を仰ぐといいでしょう。


ストレス解消塾HOME |  LOH症候群 |  ストレスによる血尿 |  ストレスによる胃炎 |  ストレスによる顔面神経痛 |  睡眠障害/ストレスによる不眠 |  ストレスによる過食 |  ストレスによる拒食 |  はげ/ストレス性円形脱毛症 |  下痢/ストレス性過敏性大腸症候群 |  ストレスによるアレルギー |  ストレスによる突発性難聴 |  ストレスによる自律神経失調症 |  ストレスによる冬季うつ病 |  肌荒れ/ストレスによるにきび |  しわ、乾燥肌 |  仕事に対するストレス |  職場の人間関係のストレス |  恋愛依存症/セックス依存症 |  妊娠中毒症 |  妊娠中の便秘 |  育児ノイローゼ/子供ストレス |  夫婦・家庭のストレス |  生理のストレス |  老後資金に対するストレス |  犬のストレス病気  |  ストレス認知療法 |  快適な睡眠 |  アロマ加湿器 |  音楽療法 α波を体感 |  リフレクソロジー |  ウォーキングでストレス解消 |  サイクリングでストレス解消 |  ガーデニングでストレス解消 |  森林浴でマイナスイオンを浴びる |  ゴルフのすすめ |  陶芸のすすめ |  ヨガのすすめ |  囲碁のすすめ |  カルチャー教室への参加 |  自治体行事への参加 | 

プロフィール |  ストレス情報提供型リンク集 1  |  リフレッシュ情報提供型リンク集  1  |  生活に役立つリンク集  1  |