ストレスと円形脱毛症

円形脱毛症とは?

円形脱毛症は、爪程の大きさから手の平サイズまで、円形に髪の毛が抜ける病気。

治ったかなと思っていても1〜2年おきに場所を変え、繰り返し発症する場合も少なくありません。

またひどい場合は、毛の抜けてしまう部分が、頭全体に及ぶ場合があるだけでなく、眉毛、睫毛、更に全身の体毛まで抜けてしまうこともある。

円形脱毛症の種類

ストレス脱毛

  1. 単発型円形脱毛症

    最も多い症状で、頭髪が突然円形に抜けるタイプ。
    発症年齢は子供から老人まで幅広く、男女ほぼ同率で見られます。
    単発性に始まり、多発性に移行する場合もありますが、約60%は自然に治ると言われているのである。
    頭に500円玉くらいの脱毛が1〜3ヶ所程度起こるタイプ。

  2. 多発型円形脱毛症

    円形脱毛が2つ以上あらわれるタイプ。
    脱毛部分が大きくなったり、治っても繰り返す可能性がある。
     しかし適切な治療を行えば半年から2年くらいで完治する場合が多いようです。
    頭のあちこちに単発型を繰り返すタイプ

  3. 多発融合型円形脱毛症

    頭皮全体の髪の毛が抜け、症状が進行すると全頭脱毛を及ぼすタイプ。
    難治性脱毛と言われるものの一種で、治療には根気がいる場合が多いです。
    多発型が進行し、頭皮全体から髪の毛が抜けるタイプ 

  4. 全頭脱毛症

    数箇所の脱毛部がつながっていき、頭全体の毛が全て抜けて、髪が無くなってしまうタイプ。
    治りも悪く、相当の治療と期間を必要とする場合が多いようです。頭の毛がすべて抜けるタイプ

  5. 汎発性脱毛症(ばんぱつせいだつもうしょう

    頭髪はもとより、眉毛、睫毛、ひげ、脇毛、陰毛、その他すべての毛が抜け落ちてしまう脱毛症の一つであるタイプ。
    脱毛症の中では一番重度な症状と言われています。頭だけでなく、全身の毛も抜けるタイプ。


ストレスとの関連性

ストレス脱毛

円形脱毛症の原因は、以前は「ストレス説」や「末梢(まっしょう)神経異常説」が一般的でしたが、最近は「自己免疫説」が主流です。
自己免疫とは、体内にある自分の細胞を突然、異物とみなして攻撃してしまう反応です。

円形脱毛症の場合は、毛球(もうきゅう)の毛母(もうぼ)細胞が体内で異物とみなされたために破壊され、毛母細胞が壊されて発症します。
自己免疫は自律神経の異常が引き金となって起こると考えられています。
ただ、早めの治療であれば発毛力を鍛えるプログラムはいいでしょう。
ストレス性の抜け毛は、諦めずに早めの治療がポイントです。


ストレス解消塾HOME |  LOH症候群 |  ストレスによる血尿 |  ストレスによる胃炎 |  ストレスによる顔面神経痛 |  睡眠障害/ストレスによる不眠 |  ストレスによる過食 |  ストレスによる拒食 |  はげ/ストレス性円形脱毛症 |  下痢/ストレス性過敏性大腸症候群 |  ストレスによるアレルギー |  ストレスによる突発性難聴 |  ストレスによる自律神経失調症 |  ストレスによる冬季うつ病 |  肌荒れ/ストレスによるにきび |  仕事に対するストレス |  職場の人間関係のストレス |  恋愛依存症/セックス依存症 |  妊娠中毒症 |  妊娠中の便秘 |  育児ノイローゼ/子供ストレス |  夫婦・家庭のストレス |  生理のストレス |  老後資金に対するストレス |  犬のストレス病気  |  ストレス認知療法 |  快適な睡眠 |  アロマ加湿器 |  音楽療法 α波を体感 |  リフレクソロジー |  ウォーキングでストレス解消 |  サイクリングでストレス解消 |  ガーデニングでストレス解消 |  森林浴でマイナスイオンを浴びる |  ゴルフのすすめ |  陶芸のすすめ |  ヨガのすすめ |  囲碁のすすめ |  カルチャー教室への参加 |  自治体行事への参加 | 

プロフィール |  ストレス情報提供型リンク集 1  |  リフレッシュ情報提供型リンク集  1  |  生活に役立つリンク集  1  |  フラコラ |  ヒゲ脱毛ダンディーハウス |  ヒゲ脱毛ダンディーハウス