ストレスによる不眠解消

ストレスと不眠の関係

脳には起きている状態を保つ「覚醒中枢」と、脳を休ませる「睡眠中枢」があり、この2つのバランスがうまくとれているとよい睡眠が得られます。しかし、ストレスがあると、このバランスが崩れて覚醒中枢が優位になり、眠れなくなってしまうのです。

生活習慣の改善に取り組んでみよう

睡眠にかかわる毎日の習慣を改善することも必要です。例えば、起床・就寝時間を一定にしたり、1日3食きちんと食べることで体のリズムが整い、よい睡眠を得やすくなります。寝る直前まで仕事やテレビを見ていたりすると、気持ちが高ぶってなかなか寝つけません。

また、アルコールやカフェインのとり過ぎにも注意が必要です。

不眠にこだわるな

不眠解消の寝顔


眠れないことを心配していると、それがさらなるストレスを生んでしまいます。


不眠のことを考えれば考えるほど眠れなくなるので、気にしないようにしましょう。


そう、赤子のようにすやすやと。


純真な心を持ったあの時のように。

どうしても辛かったら・・・

現在もっとも広く使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。この薬は情動中枢に働いて、緊張をほぐすことにより睡眠を起こさせているのです。また、大量に飲んでも呼吸や循環器系に対する副作用も比較的少なく、生命に対しても安全です。

副作用を心配するあまりに薬を正しく服用しないと、十分な効果が得られないばかりでなく、睡眠薬の副作用を心配するという二重の負荷でますます眠れないことにもなります。

不眠を解消するためには正しい知識を持ち、医師の指示どおりに薬を使用することが大切です。


ストレス解消塾HOME |  LOH症候群 |  ストレスによる血尿 |  ストレスによる胃炎 |  ストレスによる顔面神経痛 |  睡眠障害/ストレスによる不眠 |  ストレスによる過食 |  ストレスによる拒食 |  はげ/ストレス性円形脱毛症 |  下痢/ストレス性過敏性大腸症候群 |  ストレスによるアレルギー |  ストレスによる突発性難聴 |  ストレスによる自律神経失調症 |  ストレスによる冬季うつ病 |  肌荒れ/ストレスによるにきび |  しわ、乾燥肌 |  仕事に対するストレス |  職場の人間関係のストレス |  恋愛依存症/セックス依存症 |  妊娠中毒症 |  妊娠中の便秘 |  育児ノイローゼ/子供ストレス |  夫婦・家庭のストレス |  生理のストレス |  老後資金に対するストレス |  犬のストレス病気  |  ストレス認知療法 |  快適な睡眠 |  アロマ加湿器 |  音楽療法 α波を体感 |  リフレクソロジー |  ウォーキングでストレス解消 |  サイクリングでストレス解消 |  ガーデニングでストレス解消 |  森林浴でマイナスイオンを浴びる |  ゴルフのすすめ |  陶芸のすすめ |  ヨガのすすめ |  囲碁のすすめ |  カルチャー教室への参加 |  自治体行事への参加 | 

プロフィール |  ストレス情報提供型リンク集 1  |  リフレッシュ情報提供型リンク集  1  |  生活に役立つリンク集  1  |  オーラスキン